子供のキャンプ嫌いが『大好き』に変わる!?魔法の絵本ベスト5

アバター
WRITER
 
子供のおすすめの絵本
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

どうも、ファミリーキャンプ好きの”マーボ”です。

 

『家族でキャンプに行きたいけど、子供がイマイチ乗り気じゃない……もっとキャンプに興味を持ってもらいたい……』

そんなお子さんをお持ちのアナタに、とっておきの解決法があります。

 

それは”絵本”です!

で、どんな絵本かというと、”楽しくキャンプしたことが描かれている絵本”!

 

今でこそキャンプ大好きな息子ですが、初めからそうだったわけじゃありません!

楽しいキャンプの絵本を読んであげたことで、少しづつキャンプに興味を持ちだしました☆彡

 

 

これまでに、20冊以上読んだ中で、特に食いつきが良かったものを5つ紹介します!

現在、お子さんがキャンプに乗り気じゃない……でもキャンプを楽しみたい!って場合は、参考にしてください。

 

では、早速いってみよー!

子供がキャンプ大好きになる絵本~第5位「たのしい たのしい キャンプ」

子供のおすすめの絵本 たのしい楽しいキャンプ

こぐまの”くまたん”が、家族5人(匹)でキャンプに行くお話です。

 

かわいらしいキャラクターが主人公ですが、キャンプに必要なものや、テントなどキャンプ道具が細かくリアルに描かれています。

 

キャンプ中の遊び方もリアルに描かれていて、

『今度、川のあるキャンプ場で”ささぶね”流してみたーい☆彡』

と、まだやったことがない遊びに、息子は興味深々(笑)

 

キャンプ場に行く途中で見つけた、可愛い蝶々やきれいな花を

『とらないで そっと しておいて あげましょうね』

と、お母さんが子供に言う場面もあり、自然に対する”マナー”も教えてもらえます☆彡

 

お父さんは、キャンプ場に到着するとすぐに、トイレや調理棚・テーブル・イスをロープのみで作ってしまうという、かなりのベテランキャンパー。

切り株で作ったイスは人数よりも1つ多く準備して、そこに鍋を置き、テーブルの上を広く使ったり

鍋を置く切り株は、わざと枝付きのものにして、枝に鍋を掴むためのタオルをかけたり

……と、じっくり見ると大人も楽しめます☆彡

 

 

子供がキャンプ大好きになる絵本~第4位「ピヨピヨはじめてのキャンプ」

子供のおすすめの絵本 ピヨピヨはじめてのキャンプ

にわとりの家族が、キャンプに行くお話です。

 

独特な顔をしたヒヨコが、キャンプで使うための薪を集めている時に、”キノコ拾い”に夢中になり、森で迷ってしまいます。

『かえりみちが わからない! ワアーン』

と泣いていると、森に住んでいる地元民の”カッパ”が、ヒヨコを親のところまで送り届けてくれます。

 

しかも、ただ送り届けるだけじゃなく、獲れたての魚やカニ・きのこなどをお土産に持たせるという親切っぷり☆彡

 

で、そのあと、にわとりの家族とカッパの家族で一緒に料理を作るんですが

魚を葉っぱで包み、その上に熱した石をのせ蒸し焼きにしたり。

ジャガイモをアルミで包み焚火の中で調理したり。

どれも本格的で、全部の料理が美味しそう☆彡

 

竹でお皿やコップも作ってました。

 

火を付ける時にも

『ほそい えだから もやすんだ』

『まつぼっくり よく もえるね!』

など、”サラッ”とキャンプで役に立つ知識も取り入れてます☆彡

 

 

子供がキャンプ大好きになる絵本~第3位「キャンプ!キャンプ!キャンプ!」

子供のおすすめの絵本 キャンプ!キャンプ!キャンプ!

2家族でグループキャンプするお話です。

大人と子供が、思いっきりキャンプを楽しんでる様子が描かれています。

 

都会では絶対にできない、キャンプならではの遊びが満載!

川に潜って”てながエビ”を採ったり、河川敷で花火をして満点の星空観察。

で、朝早くに起きて森で虫取り。

川にかかる橋から思いっきりジャンプ!……などなど。

 

魚眼レンズを覗いたような絵は、独特で迫力満点!

 

息子は川に飛び込む場面が特にお気に入りの様子☆彡

『ぼくも、こんな風にジャンプしてみたい!』

と、家の中で何度もジャンプの練習を繰り返してました(笑)

 

だいたいどの絵本でも、「キャンプのごはん=カレー」って感じなんですが

この絵本はハンバーガーを作ったり、子供が採ってきた”てながエビ”を素揚げにしたりとオリジナル要素が満載!

読めば読むほどキャンプに興味がわいてきます。

 

 

子供がキャンプ大好きになる絵本~第2位「トーラとパパの夏休み」

子供のおすすめの絵本 トーラとパパの夏休み

いつも仕事で忙しいパパと、好奇心旺盛な”トーラ”が2人でキャンプに出掛ける話です。

物語はトーラ目線で展開していきます。

 

いつもパパはスマホに夢中で、空想好きのトーラから見ると、”ほんとうに つまらないパパ!”

楽しみにしていた森でのキャンプ中もスマホのナビを見たり、スマホで誰かとおしゃべりしたり……。トーラには「ヘビ」や「カバ」に見えるものでも、パパには「木の根っこ」や「岩」にしか見えません。

 

一緒に冒険していても物足りない……。”ほんとうに つまらないパパ!”なんです。

 

しかしパパは、トーラとの冒険の中で、少しずつ少年の心を取り戻します。

 

で、絵本の最後では、”せかいで いちばん たのしいパパ!”と、最高の相棒に大変身!

見えなかったはずの「ヘビ」や「カバ」などの動物に囲まれながら2人で楽しくキャンプします☆彡

 

色々な動物が出てくるので、5歳の息子も楽しく絵本を見てくれます。2人が食べているフランクフルトも、かなり美味しそう(笑)

 

『自分も子供の時には見えていたはずなのに……なぜ見えなくなったんだ?』

と、大人になって忘れている”大事な気持ち”を思い出させてくれるので、子供はもちろん、大人にもこの絵本はおすすめです。

 

トーラとパパの夏休み

トーラとパパの夏休み

  • 作者:リーサ・モローニ/エヴァ・エリクソン
  • 出版社:あすなろ書房
  • 発売日: 2014年03月04日頃

 

子供がキャンプ大好きになる絵本~第1位「10ぴきのかえるはじめてのキャンプ」

子供のおすすめの絵本 10ぴきのかえるはじめてのキャンプ

”ひょうたんぬま”に住む10匹のカエルが、初めてキャンプをするお話です。

 

飛んでいた”トンボ”から『キャンプじょうが ことしも ひらかれるよ!』

と聞いた10匹のカエルが、キャンプに興味を持ち、”必要なもの”や”準備するもの”を調べキャンプにでかけます。

 

10匹のカエルは、どのカエルも個性的で、リアクションする時の

『けろろん!』

『けけーっ!』

『げこーっ!』

といったセリフが息子のお気に入り☆彡

 

また、たびたびカエルが歌を歌うんですが、その時の

『けろけろ、けろけろ、キャンプだほい。キャンプだほいほい、けろけろ、ほい』

をリズムよく読むと、必ず大爆笑してます(笑)

 

子供がキャンプを嫌いな原因は、『虫が苦手』と『暗闇が怖い』です。

 

この絵本では、『虫が苦手』と『暗闇が怖い』の2つの問題も、明るく楽しく解決してくれます。

 

 

今までで1番読んだ絵本です。

 

10ぴきのかえるはじめてのキャンプ

10ぴきのかえるはじめてのキャンプ

  • 作者:間所ひさこ/仲川道子
  • 出版社:PHP研究所
  • 発売日: 2008年06月

 

まとめ

子供のおすすめの絵本 読み聞かせ

キャンプに乗り気じゃない子供をその気にさせるには、絵本はとても効果的です。

『なんで”はんごう”でご飯を炊く時には、上に石を乗せてるの?』

『なんでここだけ川の色が緑色で濃くなってるの?』

『キャンプに行ったらこんなにきれいな星が見えるの?』

と、まずはキャンプに興味を持ってもらいましょう!

 

そして、今回紹介した絵本は、どれも1冊読むのに5分かかりません。

どのお話も楽しいものばかりなので、キャンプに興味がなかった時の息子も、最後までお話を聞いてくれてました。

 

子供用の絵本だけど、キャンプでの”遊び方”や”キャンプ料理”、それから”キャンプでのマナー”などかなり為になります!

 

キャンプ好きになった今でもよく絵本を読んでます。

そしてお話が終わった後には

『キャンプ行きたい!キャンプ!キャンプ!』

と、かなりキャンプに前のめり(笑)

ますますキャンプへの興味がわいてくるって感じです(/・ω・)/

 

今回紹介した絵本を参考にして、ぜひお子さんと一緒にキャンプを楽しんでください☆彡

 

 

【初心者向けの記事】

この他の”初心者向け記事”も見たいって場合はこちら

⇒初心者向け記事一覧

おすすめの”キャンプ道具”についてはこちら

⇒キャンプ道具レビュー一覧

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マーボ家のファミリーキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.