ガスアダプターでCB缶のガスをOD缶に移す方法!※詰め替えは自己責任

アバター
WRITER
 
OD缶ガス詰め替え アダプター 45度に傾ける
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

どうもファミリーキャンプ好きの”マーボ”です。

 

お金をかけずに楽しめると思って始めたキャンプですが、何かとお金がかかってませんか?

とくに気になるのは燃料代!

 

我が家は、”ガス”をメイン燃料で使用しているんですけど、アウトドア専用のガスは、1本500円~800円とかなり高額! ※一般的な家庭用のガスは、1本100円程度

 

毎回キャンプのたびに新品を買ってたら、バカにならん!

 

ってことで、”ガスアダプター”を使い、家庭用のガス(1本100円)をアウトドア専用のガス缶に詰め替えて、使ってます。

※ここから先は、家庭用のガスを”CB缶(カセットボンベ)”・アウトドア用のガスを”OD缶(アウトドア)”と表記します。

 

今回は、どうやって詰め替えているのか?安全に使えるのか?など詳しく紹介していきます。

注)ガスの詰め替えは”自己責任”です!

 

では、早速いってみよー!

【Amazon限定ブランド】ウルトラスポーツ ガス詰め替えアダプター 台湾製 リフィルアダプター キャンプ バーベキュー最適

新品価格
¥2,060から
(2020/10/31 06:42時点)

ガスアダプターを使い、CB缶からOD缶にガスを詰め替える方法

用意するもの

やり方はとても簡単です。

しかし、ガス(危険物)を使うので、しっかりと確認をしながら慎重に作業していきます。

 

まず用意するものはコチラ↓↓

OD缶ガス詰め替え 用意するもの

①OD缶(使いかけ)
②CB缶
③氷水
④ガス詰め替え用のアダプター
⑤計量器

 

OD缶にガスを詰め替える方法①:重さを測る

OD缶のガスがどのぐらい減ってるのかを確認します↓↓

OD缶 容量

コールマンのOD缶230Tは、新品の時の重さは『382g』です。

現在『246g』なので、『136g』減ってるってことですね。

 

OD缶にガスを詰め替える方法②:アダプターを取り付ける

アダプターを取り付ける前に、”ノズル”がしっかり閉まっているのかを確認します↓↓

OD缶ガス詰め替え アダプター 確認

 

で、取り付け口の形を確認して、しっかりガス缶に取り付けます

 

【CB缶側】差し込んで付けるタイプ↓↓

OD缶ガス詰め替え アダプター 確認

 

【OD缶側】にはネジが付いてる↓↓

OD缶ガス詰め替え アダプター 確認

 

取り付ける順番はOD缶・CB缶どっちからでも大丈夫。

 

CB缶は”カチっ”と音がするまで差し込みます↓↓

OD缶ガス詰め替え アダプター 取り付け

OD缶にガスを詰め替える方法③:OD缶を氷水に付ける

ガスは「温かい」→「冷たい」に移動します。

 

なので、OD缶を氷水に付けます↓↓

OD缶ガス詰め替え 冷やす

 

CB缶を温めるって人もいるど、氷水を用意してOD缶を冷やした方が”安全”。しかも楽にガスが移せます。

 

で、アダプターについてる、ツマミを緩める。

すると”シューーーっ”っていう音がして、CB缶のガスがOD缶に移動します。

 

「1~2分」経過したら、1度アダプターを外してOD缶の重さを測ります。

 

アダプターを外す時には、”ツマミ”をしっかり閉じます!

 

で、新品時の重さを”越えない”ガスが入っていればオッケーです。

OD缶ガス詰め替え 計量

もともと246gだったんで、CB缶からOD缶に『109g』のガスが移動しました。

 

OD缶にガスを詰め替える方法④:CB缶を軽く振る

CB缶のガスが、完全に移りきらない場合があります。

そんな時には、CB缶の切れ込み部分を下にして↓↓

OD缶ガス詰め替え アダプター 傾ける

 

で、45度に傾けて軽く振ります↓↓

OD缶ガス詰め替え アダプター 45度に傾ける

こうすると、CB缶の中のガスが全部移動します。

 

OD缶にガスを詰め替える方法⑤:本当に使えるのか試してみた

CB缶のガスを移したOD缶がちゃんと使えるのか実験してみます。

 

バーナーをセットして、火を付けてみました↓↓

OD缶ガス詰め替え 確認

しっかりと火が付きます。火力も申し分ないです!

 

【応用編】OD缶からOD缶にガスを詰め替えする方法

空のCB缶があれば、中途半端なOD缶を、1つにまとめることもできます。

 

まずは重さを測って、OD缶のガスの残りの容量を確認。で、さっきと同じ要領でOD缶とCB缶を繋げる。

そして、CB缶の方を氷水に付ける↓↓

OD缶からCB缶にガスを移す

 

これで、OD缶のガスがCB缶に移ります。

で、その後にCB缶からOD缶にガスを移せば完了。

OD缶ガス詰め替え アダプター しっかり閉める

OD缶の半端がいくつかある時は、この方法で1つにまとめておくと、かなり荷物の整理になります。

 

OD缶にガスを詰め替えする”アダプター”で人気商品はこちら

Amazon・楽天で売っている「ガス詰め替えアダプター」はいくつか紹介しときますね。

キャンピングムーン(CAMPING MOON)マルチガスアダプター マルチガスバルプ

キャンピングムーン

引用:Amazon

 

キャンピングムーンは中国に本社を構える”アウトドアブランド”です。コスパが良い商品がたくさんあり、キャンプ好きに人気がありますね。

公式サイトもバッチリあります↓↓

【キャンピングムーン公式サイト】

まぁ、キャンプ道具のデザインは、他のブランドにインスパイア(パクリ)されているものが多いです。

 

特徴としては、ガスが入ってくる側の、ガス缶内の圧を下げるリリーフバルブを装備してます。余分な圧力を逃がしてくれるから、ガスがスムーズに移動するらしい。

まぁ、使ったことがないので何とも言えないけど…。氷水で冷やさなくても、ガスが移るんだとか。

ウルトラスポーツ ガス詰め替えアダプター

ウルトラスポーツ

引用:Amazon

 

これは、Amazon限定ブランドで、自分が使ってるのと同じものです。

使いやすいし、アルミニウム100%で作られていて、見た目がかっこいいですね。

【Amazon限定ブランド】ウルトラスポーツ ガス詰め替えアダプター 台湾製 リフィルアダプター キャンプ バーベキュー最適

新品価格
¥2,060から
(2020/10/31 06:42時点)

※楽天での販売はありません。

詰め替え君

詰め替え君

引用:Amazon

 

使ってる人がかなり多いのが「詰め替え君」ですね。値段は、紹介した3つの中で1番高い。

”日本製”っていうのが人気の秘密ですね。

 

『詰め替え君』は、万が一壊れたとき用に、修理パーツの販売もしてます。

【詰め替え君 公式サイト】

 

【日本製】つめかえ君 Nタイプ CB缶(カセットボンベ)⇔ OD缶(T型ボンベ)詰替え用

新品価格
¥4,600から
(2020/10/31 07:16時点)

 ※楽天での販売はありません。

OD缶の重さ見本

ガスの詰め替えに重要な、OD缶の新品時の重さをまとめておきます。

 

【PRIMUS(プリムス)】

プリムス ガス缶

【大きさ】 【新品時の重さ】
110サイズ(小) 213g
250サイズ(中) 375g
500サイズ(大) 667g

 

【SOTO(ソト)】

ソト ガス缶

【大きさ】 【新品の重さ】
パワーガス105(小) 207g
パワーガス250(中) 385g
パワーガス500(大) 680g

 

【EPI(イーピーアイ)】

EPI ガス

【大きさ】 【新品の重さ】
110パワープラス(小) 185g
230レギュラー(中) 376g
230パワープラス(中) 378g
500レギュラー(大) 680g
500パワープラス(大) 678g
190エクスペディション(中) 337g

 

【CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)】

キャプテンスタッグ ガス

【大きさ】 【新品の重さ】
150サイズ(小) 280g
250サイズ(中) 380g
500サイズ(大) 680g

 

【Coleman(コールマン)】

Coleman ガス

【大きさ】 【新品の重さ】
230サイズ(中) 382g
470サイズ(大) 680g

 

ガスを移す際は、新品時の重さを越えないようするのがポイントです。

 

OD缶にガスを詰め替えるのは”違法”なのか?

やっぱり、ガスの詰め替えは違法なのか?って気になりますよね?

 

結論から言うと【違法だけど、取り締まりはできていない】って感じです。

 

ガスの詰め替えをやったからといって、逮捕されるということはありません。

高圧ガス保安法によると

第四十八条第3項
3  高圧ガスを充てんした再充てん禁止容器及び高圧ガスを充てんして輸入された再充てん禁止容器には、再度高圧ガスを充てんしてはならない

となってます。

つまり、ガスを詰め替えしたらダメってこと。

 

がしかし、「ガスを詰め替える”器具の自作”や”販売”は法規制の対象外なので、個人をひとりずつ取り締まることもできない…」と、実際は、かなり曖昧な感じです。

 

Amazonや楽天でも、ガスを詰め替える器具は普通に販売されてる。

 

まぁ、OD缶にも「再充填禁止」って書いてあるので、万が一事故があったときに、機器の保証や保険対象外になりますよって感じ。

再充填禁止

 

つまり、「詰め替えしない方が良い!」ってことです。

 

注)詰め替えを行う際は”自己責任!”

OD缶のガスを詰め替えして起った事故はあるのか?

爆発

ガスの詰め替えが原因で起った事故があるのか調べてみました。

えーっと……

……

……ガスの詰め替えが原因での事故は、見つけることができませんでした。

 

調べた中で、見かけたものだと

  • 「ガスを移し過ぎて、ガスが漏れた」
  • 「間違って、新品のガスに器具を取り付けたらガスが噴き出した」
  • 「換気せずにガス移しをして、部屋の中がガス臭くなった」

というのがちらほら。

いやいや、しっかり確認しろよ!って思うことばかり。

 

しっかり確認できない人や、雑な人・大雑把な人は、危険だからガス移しはしない方がいいと思う。

 

ちなみに、自分はこれまで何回もガスを移して使ってきたけど、危険な目にあったことは1度もありません。

注)ガス移しは自己責任です

まとめ

OD缶ガス詰め替え アダプター 取り付け

今回はガス移しについて紹介しました。

OD缶とCB缶では、ガスの値段が4~5倍も違います。安いガスを移しながら使うと、キャンプでのコスパは格段によくなります。

燃料のことを気にしながら、チビチビガスを使うことがなくなります。

 

しかし、忘れないでください!万が一の時のメーカー保証は受けられなくなります。

ガス移しは完全自己責任!

 

そりゃもちろん、安全を保障してある”新品のガス”を使うのが間違いない。

でも、キャンプに限らず、ガス詰め替えアダプターを1つ持っておくと、災害時なんかの”いざ”って時に役に立つと思います。

 

 

この他のおすすめの”キャンプ道具”についてはこちら

⇒レビュー済みアイテム一覧

”キャンプ初心者向けの記事”も見たいって場合はこちら

⇒キャンプ初心者向け記事

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マーボ家のファミリーキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.