翌朝スッキリ!ハイランダー「レバー式GIコット2」をレビューします

アバター
WRITER
 
ハイランダーGIコット 寝てみた
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

どうも、ファミリーキャンプ好きな”マーボ”です。

 

「キャンプだとどうしても睡眠の質が悪く、寝不足で疲れがとれない。」「腰が痛い……」と感じたことありませんか?

マットと寝袋だけじゃ地面のゴツゴツが気になって眠れないんですよね。

 

これまで年間に20泊以上してきたんですが、毎朝 起きるたびに”関節ボキボキ”、”体カチカチ”状態。

 

「まぁ、キャンプってこんなもんなんだろう」と思っていました。

 

しかし、「ハイランダーのレバー式GIコット2(スチール)」を導入したところ、快適に眠れるようになり”関節ボキボキ”、”体カチカチ状態”から解放されました!

 

なので今回は「ハイランダーのレバー式GIコット2(スチール)」の”使い心地”や”メリット”、さらに”気になるところ”まで詳しく紹介していきます。

※名前が長いから、以下では「ハイランダーのレバー式GIコット2(スチール)」は「ハイランダーGIコット」と表記します

 

実際に使った人にしか分からない、細かな情報まで盛りだくさんでお届けします。

 

ではどうぞ。

 

created by Rinker
Hilander(ハイランダー)
¥6,700 (2021/06/19 16:15:34時点 Amazon調べ-詳細)

※Amazonでは在庫切れ。楽天・Yahoo!ショッピングから購入できます。(2021年1月 現在)

 

ハイランダー GIコットのサイズとスペック

ハイランダーGIコット サイズ

素材 600Dオックスフォード(生地)・スチール(フレーム)
サイズ 約196×36.5×62cm
収納サイズ 約102×30×11cm
重量 約6.5kg
耐荷重 約120kg

 

素材の”600Dオックスフォード”とは?

ハイランダーのGIコット 丈夫な生地

600D(デニール)は糸の太さを表す単位のことで、オックスフォードというのは、糸の織り方を表しています。

600Dオックスフォードというのは、とにかく太い糸を使って、耐久性抜群の織り方をしているという状態です。

 

まずは600Dについて解説しますね。

一般的なテントだと68D、75D、150D、210D、このあたりが使われています。

数字が大きければ大きいほど糸が太いということなので、600Dはアウトドア用品の中でも特に太い糸だということです。

 

次にオックスフォードについてです。

オックスフォードは糸一本一本を織っていくんじゃなく、数本まとめた状態で織っていく織り方です。

できあがりの状態としては、まとめた糸が粗い網め状になるので

  • 通気性が良い
  • 引き裂き強度や耐久性に優れている

という特徴があります。

 

テントだと、1番負荷がかかる”フロアシート(床)”によく使われる織り方です。

 

あと、表記にはありませんでしたが素材そのものは「ポリエステル」だと思います。

ポリエステルには

  • 弾力性が高い
  • しわになりにくい
  • 型くずれを起こしにくい
  • すぐに乾く
  • 水による収縮がない

という特徴があります。

 

ハイランダー GIコットに横になってみた。

実際に横になってみると、通気性があり、寝心地もいい感じ。

ハイランダーGIコット 寝てみた

ホテルのフカフカのベッド……とまではいきませんが、地面にただマットを敷いただけとは大違いの寝心地でしたよ。

『ずっと寝てられる……あ~幸せ』

 

寝心地がよく、ぐっすり熟睡できるから翌朝のスッキリ具合が全く違います。

 

先ほど紹介した「600Dオックスフォード」の生地はかなりしっかりしているので、安心して身を任せられます。

 

生地の張り具合も、柔すぎず硬すぎず丁度いい感じ。

 

体重70キロ程度が寝転がっても、生地が沈んでしまうことはありません。

ハイランダーGIコット すき間

地面と生地の間が36.5cmと、しっかり空間が空いているので通気性も抜群。

夏はこのすき間を風が吹きぬけるので、熱気が溜まずムシムシしません。

 

まぁ、冬はさすがに背中が寒いので、コットの上に1枚マット(もしくはシーツ)を敷いて寝袋にくるまって寝てます。

ちなみに、ハイランダー専用のフリースカバーってのもありますよ。

 

冬のキャンプで身体が冷える原因っていうのは、気温が低いってのはもちろんなんですが

実は”地面”が身体から熱を奪うというのが大きな原因なんです。

熱は、温かい方から冷たい方に移動するので、冷たい地面に触れているとどんどん体温を奪われます。

 

つまり冬のキャンプの場合、地面に触れていない方が身体が冷めにくいので、コットを使った方が暖かく過ごせます。

 

ちなみに、こないだのキャンプでコットに寝転んで見えた景色↓↓

コットからの眺め

静かな森の中で、聞こえるのは小鳥の鳴き声と、葉っぱがサワサワ……

少し遠くの方では、息子と妻の笑い声が……

『あ~幸せ・・・癒される』

 

ハイランダーGIコットの大きさはこのぐらい

身長172cmで「30cm」ぐらいあまる感じでした。枕を置くスペースもしっかりあります。

ハイランダーGIコット 余り

 

ちなみに、身長150cmの妻の場合は、足元にかなりの余裕があります↓↓

ハイランダーGIコット 寝てみた

横幅は62cmと、シングルのベッド(幅97cm)よりは狭いですが、じゅうぶん寝返りできましたよ。

自分は普段から寝相がいい方なので、寝返りをうってコットから落下したことは一度もありません。

 

まぁ、よっぽど寝相が悪いってひとは、もう少し幅の広いモデルを選んだ方がいいでしょうね⇒幅80センチのワイドコット

ハイランダー GIコットのこだわりポイント3つ

こだわりその1~小物入れがついている

ハイランダーのGIコット 小物入れ

ちょうど、横になったときの肩の位置に「小物入れ」がついています。

 

容量も大きいので、メガネやスマホ・財布など、ポケットの中身すべてを入れておけます。

 

この「小物入れ」が本当に便利で

例えば、夜中トイレに行くときに『あれ?スマホどこにいった?』『メガネはどこだ?』と暗いテントの中をいちいち探さなくて済みます。

 

ガサガサと音を立てて、寝ている家族に迷惑をかけることもないし、うっかりスマホやメガネを踏んづけるってことも無くなりますよ。

 

ちなみに自分は、スマホやメガネの他にポケットティッシュも入れてます。

 

こだわりその2~コットの上下にフレームが入っていない

ハイランダーのGIコット フレーム

ハイランダーGIコットの上下部分には、フレームが入っていません。

 

つまり、横になった時に、頭とか足がフレームに当たることがなく、上から下まで最大限にコットを有効活用することができます。

 

一番上に頭を置いても『痛ッ!』とか『冷たい』ってことがありません。

 

一般的なコットよりもフレームの数が少なく、必要最低限のフレームしか使っていないので軽量化にもなっています。

 

同じタイプの他ブランドのコットは、重量9kg程度にくらべて、ハイランダーの場合は6.5kgと、分厚い広辞苑の辞書一冊分ほど軽くなってます。

 

不思議なんですけど、閉じた状態よりも広げた状態だとなんか軽く感じます。

ハイランダーGIコット 持ち上げてみた

なぜ軽く感じるのかは分かってません(笑)

 

こだわりその3~生地の張り具合が、いつまでも変わらない

ハイランダーGIコット 沈み具合

1年近くハイランダーGIコットを使っているんですが、新品同様の生地の張り具合をキープしています。

 

今でも生地の張り具合は”ピーーーン”といい感じ。

 

横になっても体が沈み過ぎない寝心地は、1年たってもいまだに健在。

 

キャンプ以外に、家で昼寝するときにも使っていて、これまで100回以上横になってきました。

しかし、張り具合がゆるんでません。

 

ハイランダー GIコットはベッド以外の使い方

使い方その1~ベンチとして使う

ハイランダーGIコット ベンチ

ベッド以外にベンチとして使うことができます。

 

高さが36.5cmあるので、ちょっと腰を下ろすのにちょうどいい高さになってます。

長さも196cmあるので、大人が二人座ってもまだまだ余裕があります。

 

そして、数人まとめて座れるので、人数分のイスを用意する必要がなくなります。つまり、コットがあると、キャンプに持って行く荷物を減らすこともできます。

 

あーそれから、キャンプ以外にも、家にお客さんが来た時の、ソファーとしても活躍してます。

 

見た目が黒でおしゃれなので、インテリアとしても◎。

 

『これいいね。どこで買ったと?』と、高評価をいただいています(笑)

 

あと、耐久性についても気になると思います。

我が家では、キャンプの食事のときに家族三人で並んで座っていますが、全く問題ありません。

コット ベンチ

ちなみに、コットの耐荷重は「120kg」で、家族三人の体重の合計は「130kg」ぐらいです。

 

まぁ、トランポリンみたいに飛びはねたり、一か所に集中して重さがかかると、さすがに破れる危険性があります。

 

もちろん息子には、『コットの上で飛びはね禁止!』と、口を酸っぱくして言い聞かせてます。

 

使い方その2~キャンプ中の荷物置き

ハイランダーのGIコット 荷物置き

テント設営する時の「とりあえずの荷物置き」としても大活躍します。

 

コットを導入する前は、キャンプ場に到着したら、まず初めにテントを設営して、その後でどんどん荷物を片づけていました。

 

これだと、テントが設営できるまで他のことができません。

 

でも、昼過ぎからのキャンプだと、お腹ペコペコで『先にご飯を食べたい!』ってときもあるんです。

そんな時にコットがあると、ご飯に必要な道具だけを車からおろして、とりあえずコットの上に置いとく。

 

で、テント設営を後回しにして『とりあえずご飯!』ってこともできます。

 

その後も、自分はテント設営、妻と息子はご飯の後片付けって感じで、家族で役割分担して作業していけるんで、要領よく作業できます。

 

耐荷重が120kgもあるから、ガンガン荷物を置いても問題なしです。

 

あと、テント設営中に、『疲れたなぁ~』と思ったらすぐに座って休めます(笑)

 

キャンプ中に自分の好きなタイミングで”スッ”と座れると、キャンプの快適度が増します。

 

で、テント内でコットを使う時には、コットと地面のすき間に荷物を収納することができます。

ハイランダーGIコット 収納

テント内の限られた空間を有効活用できます。

 

ハイランダー GIコットは組み立て簡単!組み立て方を詳しく解説

大まかな「組み立ての流れ」としてはこんな感じ↓↓

ハイランダーGIコット 組み立て方

足を開き、コット全体を開く。

 

そして足についている”レバー”を、カチッとなるまで押し込みロックします。↓↓

ハイランダーGIコット レバーロック

レバーは全部で3か所にあるので、全てロックする。

と、まぁ大まかな「組み立ての流れ」としてはこんな感じですね。

 

では、詳しく解説していきますね。

 

まずは、コット本体をケースから出し、真ん中のマジックテープを外します。

ハイランダーのGIコット マジックテープ

で、両サイドを開く。

ハイランダーのGIコット 組み立て方

そのまま、足部分を180度回転させます。

ハイランダーのGIコット 組み立て方 ハイランダーのGIコット 組み立て方

反対側も同じように開きます。

 

そしたら、コット本体を起こし、フレームを左右に軽く開きます。

ハイランダーのGIコット 組み立て方

 

生地の4隅に輪っかがついているので、その輪っかをフレームに通します。

ハイランダーのGIコット 四隅の輪っか 

 

4箇所 全ての輪っかが通ったら、完全に左右に開きます。で、足の間にあるレバーを下にグッと押す。

ハイランダーのGIコット 組み立て方

このレバーを押す作業には全く力がいりません。子供や女性でも簡単にロックすることができます。

 

中腰になって手で押すのが面倒だなってときには、足で踏んでロックしてます(笑)

 

レバー自体の作りもしっかりしているから、足で踏んでもビクともしませんよ。

 

これで完成。慣れてくると、1~2分で組み立てることができます。

 

ハイランダー GIコットのたたみ方

たたみ方の「大まかな流れ」はこんな感じ↓↓

ハイランダーのGIコット たたみ方

足についている三か所のロックを解除して、折りたたみます。

 

そして、四隅の輪っかも外します

ハイランダーGIコット 四隅の輪っか

 

あとは、組み立ての逆に足とフレームを折りたたんでいくだけです。

ハイランダーのGIコット たたみ方

これが折り畳みの「大まかな流れ」です。

 

では、詳しく解説していきます。

 

まずは、三か所 全てのレバーを上にあげて、ロックを解除していきます。

次に、フレームを中央に閉じていきます。

ハイランダーのGIコット たたみ方

軽く折りたたんだら、生地の四隅についている輪っかをフレームから外します。

 

そしたら、次に足を折りたたんでいきます。

ハイランダーのGIコット たたみ方

 

足を折りたたんだら、フレームごと中央の足のところまで持って行きます。

ハイランダーのGIコット たたみ方

反対側も同じ要領で折りたたんでいきます。

 

最後に生地中央に付いているマジックテープで”グルっと”留める。

 

で、ケースに入れたら完了です。組み立て同様、折り畳みにかかる時間は1分程度です。

 

組み立ても簡単だし、折り畳み簡単だから、キャンプの時間を有効に使えますよ。

 

ハイランダー GIコットの気になるところ「3つ」

1~収納しても場所をとる

ハイランダーGIコット 重量

ケースに入れて収納した状態で長さが「105cm」あります。

 

軽自動車やバイクでキャンプに行く人には、ちょっと大きすぎるかな……。

 

あーそれから、自宅の収納スペースに余裕がないって場合も注意ですね。

 

収納するスペースもしっかり考えましょう。

 

2~座面が高いから、小さなテントには入らない

高さが36.5cmあるコットなので、ソロ用の背の低いテントには入りません。

それと、長さも「196cm」あるので、テントからはみ出る場合もあります。

 

一人用や二人用のコンパクトなテントとの相性は良くありません。

 

ファミリー向けの、4~5人用の大きなテントとか、ティピーテントみたいな天井が高いテントで使うのが正解です。

 

コットを購入する前に、テントの大きさをまず確認しておきましょう。

 

ちなみにハイランダーには、コンパクトなコットもあります⇒コンパクトな軽量コット

3~丸洗いできない

ハイランダーのGIコットは、生地とフレーム・足が一体化しています。

部品がバラバラにならないので、生地を洗濯機にいれて丸洗いすることができません。

 

汚れたら、洗剤をしみこませたタオルで優しく拭くしかありません。

 

まぁ、広い庭がある場合は、水をバーッとぶっかけてきれいに洗い、そのまま乾かすことも可能だと思います。

 

ハイランダー GIコットの口コミ・評判について

ハイランダーGIコットを購入した人たちの口コミを調べてみたんですが、口コミの多くは、「寝心地・使い勝手が最高!」と満足してるのがほとんどでした。

 

では、口コミの一部を紹介します。まずは悪い口コミからです。

 

【悪い口コミ】

女性
商品はとても良く、コスパも良い商品だと思います。しかし、組み立て方の説明書が一切なく、なんとなくで試しながら組み立てるしかありませんでした。
説明書くらいは最低でも必要だと思います。
女性
組み立てはなんとなくできたが、直し方が分からなくなりとても苦戦しました。

 

次に良い口コミを紹介していきます。

 

【良い口コミ】

男性
コット自体初めての購入ですが、レバー式はほんと楽にセッティング出来てとても良いです。重さは若干ありますが他のと見比べてもだいたいこの位の重量だったので満足です。
女性
ツヤなしのブラックで、かなりシブい感じです。
他にはあまりない高さ36センチ、腰掛けた感じも丁度良い!しかも組み立てやすい!
この値段でこのクオリティはすごい!
男性
左麻痺の身体でも楽に組み立てることが出来ました。寝心地はサイコーです。

 

悪い口コミの多くは「組み立て方法がわかりにくい」ってことでした。

購入時には、一応 取り扱い説明書は付いてきますが、書いてあるのは、セット内容と、商品スペックのみとなっています……。

ハイランダーGIコット 取り扱い説明書

確かに、あまり親切ではありませんね。

まぁ、一度組み立てて仕組みを理解してしまえば、二回目からは悩まずに組み立てられるくらい組み立ては簡単なんですけどね。

 

Amazonと楽天での評判はというと↓↓

通販サイトでの評価

購入した人の半数以上が満足しているという結果でした。

 

ハイランダー GIコットの「アルミ」と「スチール」の違いを比較してみた

引用:楽天

ハイランダーのGIコットには、「アルミタイプ」と「スチールタイプ」の2種類があります。※今回レビューしてるのは「スチールタイプ」です。

二つを比べた結果

「アルミタイプ」がおすすめな人
  • なるべく軽いコットが欲しい
  • 木目調のおしゃれなコットが欲しい
「スチールタイプ」がおすすめの人
  • 耐荷重がしっかりしていて、重たいものを乗せても大丈夫な方がいい
  • 値段が安い方がいい

という結果でした。

 

具体的にどんな違いがあるのか、見ていきましょう。

※優れていると思う箇所は赤文字にしてます。

【アルミ】 【スチール】
サイズ 長さ196cm×幅 63cm×高さ 約36cm 長さ196cm×幅62cm×高さ 約36.5cm
収納サイズ 縦23cm×横100cm×厚さ12cm 縦30cm×横102cm×厚さ11cm
生地素材 600Dポリエステル 600Dオックスフォード
重量 5.5kg 6.5kg
耐荷重 100kg 120kg
カラーバリエーション 黒・白・木目 黒・白
価格 7,980円 5,980円

 

使用時と収納時のサイズに関しては、そこまで誤差はなく、ほぼ同じです。

 

しかし、重量はアルミタイプの方が1kg(牛乳パック一本分)軽くなってますね。

 

で、カラーバリエーションも人気な”木目調”があるのはアルミタイプのみとなっています。

 

耐荷重はアルミタイプ「100kg」、スチールタイプ「120kg」と、スチールタイプの方が20kg重たい物を乗せられます。

 

それから値段に関しては、スチールタイプの方が「2,000円」も安くなっていました。

 

ハイランダー GIコットの価格について。

ハイランダーレバー式GIコット2(スチール)の価格は「5,980円」です。

ちなみに、上で紹介した、アルミタイプのGIコットだと、「7,980円」です。

 

他ブランドの同じタイプの、レバー式コットの平均価格は「7,000~10,000円」となっています。

 

つまり、ハイランダーのGIコットは、かなりコスパがいいと思います。

 

ハイランダーGIコットを購入するならネットから

ハイランダーの商品は、アウトドアショップでは見かけません。

 

その理由は、アウトドア通販専門サイトナチュラムのオリジナルブランドだからです。

 

つまり、ナチュラムの公式サイトか、Amazon・楽天などのネット通販からしか購入できません。

 

created by Rinker
Hilander(ハイランダー)
¥6,700 (2021/06/19 16:15:34時点 Amazon調べ-詳細)

※Amazonでは在庫切れ。楽天・Yahoo!ショッピングから購入できます。(2021年1月 現在)

 

ナチュラム公式サイトは⇒こちら

 

ハイランダーGIコットは中古だといくらなのか

ハイランダーGIコット 中古相場

中古での相場価格も調べてみました。メルカリだと、だいたい5,000円~7,000円前後ぐらいで取引されていました。

※ちなみに全部売り切れになってました。

 

新品だと5,980円なので、中古との誤差は1,000円ぐらいです。

 

新品と中古の値段の差はそこまでありません。

 

ってか、なかには新品より高いやつもありました(笑)なぜなんだろ?

 

つまり売りたくなったら、ソコソコいい値段で売れるってことですね。

 

まとめ

晩御飯2

これまで、色んなイスを試してきましたが、今のところハイランダーのGIコットが1番のお気に入りですね。

 

寝心地もいいし値段も安い。

 

荷物も減るし、翌朝の疲れの取れ方が劇的に変化しますよ。

 

でも、折りたたんでもある程度大きさがあるので、小さなテントを使ってる人には向いてないですね。

 

もっと背の低くてコンパクトな”ローコット”を検討した方がいいと思います。

 

逆に、ファミリー用のテントを使ってる人とか、収納スペース・車内の積載に余裕があるって人には、かなりおすすめです。

 

見た目もおしゃれで家でも使えるし、地面を気にせずに、どこでも好きなところでゴロンと横になれます。

 

「ハイランダーのGIコット」かなりいい感じです。

 

created by Rinker
Hilander(ハイランダー)
¥6,700 (2021/06/19 16:15:34時点 Amazon調べ-詳細)

※Amazonでは在庫切れ。楽天・Yahoo!ショッピングから購入できます。(2021年1月 現在)

 

ナチュラム公式サイトは⇒こちら

 

あとがき:ハイランダー GIコットの”GI”ってどんな意味?

兵士

ちょっと気になったので”GIコット”の”GI”ってなんなのか調べてみました。

 

”GI”っていうのは、「兵士・軍隊」を表す言葉です。

 

兵士の持ち物とかを「G.I.○○」っていっていたみたいです。

例えば、兵士の靴は「G.I.シューズ」、ブラシは「G.I.ブラシ」って感じですね。

 

で、”コット”っていうのは「簡易ベッド」っていう意味です。

つまりGIコットは、「兵士が使っていた簡易ベッド」っていう意味です。

 

実際に「兵士が使っていた簡易ベッド」を参考にして作られたものを、今では「GIコット」って呼んでいるんですね。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

この他のおすすめの”キャンプ道具”についてはこちら

⇒レビュー済みアイテム一覧

”キャンプ初心者向けの記事”も見たいって場合はこちら

⇒キャンプ初心者向け記事

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マーボ家のファミリーキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.