キャンプが退屈なんて言わせない!子供と一緒にピザ釜を自作してみた

アバター
WRITER
 
ピザづくり ピザを焼く
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

どうも、ファミリーキャンプ好きの”マーボ”です。

 

今回は、子供がもっとキャンプを楽しめる!「ピザ釜」を自作する方法を詳しく紹介します。

”いつもと同じ退屈なキャンプ”を脱出して、もっと子供と一緒にキャンプを楽しみたい!って人は必見!

 

何度かファミリーキャンプに行くうちに、だんだんマンネリ化してきて”いつもと同じ退屈なキャンプ”になってませんか?

キャンプに行く⇒テントを張る⇒ご飯を食べる⇒寝る

とまぁ、こんな感じ。

 

我が家も”いつもと同じ退屈なキャンプ”を何度も繰り返してきました。

 

『どうせキャンプに行くなら、もっと子供に楽しんで欲しい!』

『もっと色んな経験をさせてあげたい!』

と、いつもと違うことをやってみることにしました。

 

そこで、キャンプに行く前の日に、息子と一緒に「ピザ釜」を作ってみたんですが、これが見事に大ハマり☆彡

 

キャンプの前日からキャンプ場に着くまで、そしてキャンプ場に着いてからもずっと『ピザ、ピザ、ピザ~』と10回クイズのようにピザを連呼(笑)

めちゃくちゃ楽しんでました☆彡

 

んじゃ、早速いってみよー!

子供が大喜びするキャンプ用のピザ釜の作り方

自作した「ピザ釜」の完成品はコレ↓↓

ピザ釜 完成品

段ボールの内側にアルミホイルをすき間なく貼って、ピザを置くための網を横から刺すだけ。というとてもシンプルな造りです。

 

ピザ釜を作るために”必要な道具”と”費用”

ピザ釜作り 必要なもの

ピザ釜を作る際に、新たに購入したものは

  • 網(100円)
  • 障子のり(80円)
  • ガムテープ(100円)

の3つだけ。かかった金額は「280円」

 

ちなみに、”のり”はデンプン系のものなら何でもオッケーです。

自分は、塗りやすさを考えて”障子のり”を購入しました。

 

その他に必要な

  • 段ボール
  • アルミテープ (写真には写ってない)
  • ノリを伸ばすヘラ (写真には写ってない)
  • カッター
  • カッターの下敷き
  • はさみ
  • 定規

は家にあったものを使いました。

 

まぁ、家にない場合でも、全て100均で揃えることができます。

 

ピザ釜製作の手順~その1「網の位置を決める」

まずは網を刺すための位置を決めます。

網の位置

特に決まりはなく、半分より上でピザが出し入れしやすければ、オッケーです。

 

ピザ釜作り

網の位置は、半分より上だったらどこでもいいので、息子に決めてもらうことにしました。

『ここからここまでの間で、適当に網の位置きめて~』

すると

『んー、んー。どこが良いかなぁ?』

『ここ?いやっ!やっぱりここにする!』

『ここに決めた!』

と、真剣に考えて決めていました。

 

適当でいいよとかいってスマン……。

 

ピザ釜製作の手順~その2「段ボールを開く」

ピザ釜作り

アルミホイルを貼りやすくするために、一度段ボールを開きます。

『見せて、見せて―!』

と、興味津々。

※ケガをしないようにカッターを使う所は、自分がしました。

 

ピザ釜製作の手順~その3「ノリを塗りアルミホイルを貼る」

ピザ釜作り ノリを塗る

ピザ釜作り ヘラで広げる ピザ釜作り アルミを張る

”障子のり”をだし、ヘラで広げ、アルミホイルを貼っていきます。

 

普段こんな大きなものに”のり”を塗ることがないので、

『ぼくがしちゃろう!』

と、おおはりきり(笑)

 

もちろんその後の、”ヘラ”でのりを広げる作業も

『ぼくがしちゃろう!』

 

結果、息子の手と洋服の袖はのりまみれになってましたが(笑)

濡れた布巾で拭くと、障子のりは簡単にきれいとれました。

 

アルミホイルは「1cm程度」重ねながら張りました。

※アルミホイルとアルミホイルの間に「すき間」が空いていると、そこから段ボールが燃えてしまいます。

 

で、アルミホイルの長さも少し長めにしておいて、余分なアルミホイルは折り返してガムテープでとめました。

ピザ釜作り ガムテープを貼る

ピザ釜製作の手順~その4「網の位置をカッターでカットする」

手順の1で印をつけたとこをカッターでカットします。

ピザ釜作り

カッターでカットする時に、下の段ボールまでカットしてしまわないように、カッター用の下敷きを使用してます。

 

ピザ釜製作の手順~その5「段ボールを元の形にもどす」

ガムテープを使って、段ボールを元の箱形に戻します。

ピザ釜作り

『ねぇ?もう少しで完成?』

『ねぇ?もう少しで完成やろ?そんな気がしてきた!』

と、完成を待ちわびていました(笑)

 

ピザ釜の扉部分の四隅のアルミホイルはカットします

ピザ釜 扉

ピザ釜作り 隙間をカット

その後、アルミホイルの剥がれているところを”アルミテープ”で補修したらできあがり!

段ボールにアルミホイルをくっつけるだけだから、とても簡単。息子と一緒に楽しみながら作れました☆彡

 

息子は

『ねぇ、今からピザ焼くと?はやくピザ焼きたいー!』

『ピザ、ピザ、ピザー!』

と、キャンプの前日から、ピザのことで頭がいっぱいって様子でした(笑)

 

ピザ釜を作るのにかかった時間

写真を撮りながらゆっくり作っても”30分ぐらい”でできました。

手先が器用な子供や、保育園で工作をするのが好きな子供だともっと早くできると思います!

 

ピザ作り開始!自作のピザ釜の使い方を紹介

まずは炭に火を付けます。

脊振山キャンプ場 火を付ける

キャンプで簡単に火を付ける方法はコチラ⇒これであなたも焚火名人!元焼き鳥屋が教える”超簡単”な火の付け方

 

で、火の付いた炭を、バット(ボール)に移し、ピザ釜の下にセットします。

ピザ釜 炭をセット

後は扉を締め、ピザ釜の中の温度が上がるまで待ちます。

 

ピザ釜の温度が上がるまでの間にピザを作ります。

 

【ピザ作りに必要なもの】

  • 薄力粉:カップ1
  • 強力粉:カップ1
  • ドライイースト:小さじ1
  • 砂糖・塩:小さじ1
  • 水(ぬるま湯):1/2カップ
  • オリーブオイル:小さじ2

※上に乗せる具材はお好みで

 

全ての材料をジップロックに入れ、こねていきます。

ピザ生地作り

 

で、まとまったら温かい場所で”20分~30分”発酵させます。

この時は、息子のお腹で温めました(笑)

ピザ生地発酵

『ぼくのあかちゃん。大事にするね』

と、ピザ生地をなでなでしてました(笑)

 

発酵が終わったら、好きな大きさに伸ばし、お好みの具材を乗せます。

ピザづくり

 

あとは、自作のピザ釜の中に入れて待つだけ!

ピザづくり ピザを焼く

自分が作ったピザ釜で、自分のお腹で大事に温めたピザがちゃんと焼けるのか

『ねぇーピザ焼ける?ピザはいい感じ?』

と、息子も心配な様子で見守ってくれました。

 

10~15分経過すると”プ~ン”といい香りが☆彡

『3・2・1、オープーン!』

ピザ釜のフタを開けてみると、無事に完成してました!

ピザ完成

ちゃんと上からも熱が入り、いい感じに焼き上がりました。

『やったー!成功した。ピザおいしそー!』

と、家族全員で大はしゃぎ(笑)

 

『ねぇピザ早く食べようよ☆彡待ちきらん!』

『いただきまーす!』

ピザ食べる

『うんめぇーーーーーー!!ピザ最高!』

自分で作ったピザが、よっぽど美味しかったみたいで、いつも以上に夢中で食べてました!

 

自作のピザ釜が大成功して、いつもよりもっと楽しいキャンプができました☆彡

この時に利用したキャンプ場はコチラ⇒【完全無料で予約不要】脊振山キャンプ場でファミリーキャンプしたよ

 

しかし、使い終わった後のピザ釜の底を見てみると、焦げて黒くなってました!Σ(゚д゚lll)ガーン

ピザ釜 底が焦げた

底の部分は熱くなるみたいなので、アルミを2重にして、外側にもアルミを貼った方が良さそうでした。

 

それから、炭を入れたバット(ボール)を直接ピザ釜に置かずに、”石”や”空き缶”で浮かせたほうがいいです。

こんな感じ↓↓

ピザ釜 石で浮かせる ピザ釜 アルミ缶で浮かせる

 

んで、ピザ釜も直接地面に置かず、石などで地面とピザ釜の間にすき間を作った方がいいと思います。

特に、キャンプ場の地面が芝の場合要注意!芝を焦がします。

 

ピザ釜を作る時・焼く時のコツや注意点

  • 使う”のり”はデンプン系のものにする
    デンプン系のりはトウモロコシやタピオカなど植物から作られているので、口に入れても問題なし!安全です。
  • なるべくシワにならないように張る
    シワがない方が効率よく熱が循環して、ピザがきれいに焼けます。
  • アルミは1cmぐらい重ねて張る・アルミテープで補修しておく
    すき間があると、段ボールが燃えてしまします。
  • ピザ釜の底はアルミホイルを二重にする・炭を入れた容器を浮かせる
    底部分は特に熱くなるので、段ボールがこげてしまいます

まとめ:ピザ釜を子供と一緒に作ると「もっとキャンプが楽しくなる」

食事

はい、というわけで今回は、いつもの退屈なマンネリキャンプを解消するために”ピザ釜”を自作しました。

息子はもちろん、親も大はしゃぎの大満足のキャンプになりました(笑)

 

自分で作った道具は、購入したものよりも愛着が湧きます。

さらに、その愛着が湧いた道具で美味しいピザが食べられるなんて『もう最高☆彡』

 

あーそうそう、ピザを作る時の材料ですが正確に測らなくてもオッケーです。

生地の発酵時間も正確に20分~30分ではなく、少し膨らんどけばオッケーだと、元パティシエの妻が言ってました(笑)

適当でも美味しいピザが食べられました☆彡

 

ピザ釜もピザ生地と同じように、正確じゃなくてもオッケーです。すき間なくアルミホイルが貼れていれば大丈夫☆彡

めっちゃ簡単に作れるので、”いつもと違う!楽しいキャンプ”にかなりおすすめ!

もっとキャンプが楽しくなりすよ☆彡

 

 

この他の”キャンプ道具DIY”も見たいって場合はこちら

⇒キャンプ道具DIY一覧

”キャンプ初心者向けの記事”も見たいって場合はこちら

⇒キャンプ初心者向け記事

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マーボ家のファミリーキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.