【完全無料で予約不要】脊振山キャンプ場でファミリーキャンプしたよ

アバター
WRITER
 
脊振山キャンプ場 全体図
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

どうも、ファミリーキャンプ好きの”マーボ”です。

 

こないだ、佐賀県神埼市にある”脊振山キャンプ場”でファミリーキャンプしてきました!

キャンプと言っても、デイキャンプ(日帰り)です(/・ω・)/

 

自宅(糸島市)から2時間以内で行けて、予約不要で完全無料のキャンプ場を探していたら”脊振山キャンプ場”を発見!

 

『まぁ無料やし、どうせ大したことないやろ?』

 

って思ってたんですが、かなり楽しめました!

 

脊振山の山頂まで歩いて10分という高台にあり、簡単に山頂からの景色を堪能できます。

キャンプ場利用者以外にも、登山客やツーリング・自転車・観光などたくさん人がいて、明るいキャンプ場でしたよ☆彡

 

ってことで早速、脊振山キャンプ場の「キャンプ場内の設備」や「周辺の情報」をレビューしていきます!

脊振山キャンプ場の概要

脊振山キャンプ場 全体図

住所 〒842-0203 佐賀県神埼市脊振町服巻
標高 989m
利用料金 無料
営業期間・お休み 通年営業/休みなし
予約 不要
お問い合わせ 建設課 都市計画係
0952-37-0103

【マップ】

脊振山キャンプ場までの道のり

ナビに”脊振山(せふりやま)キャンプ場”と入力しキャンプ場に向かいました。

 

糸島市からだと、1時間ちょっとで到着しました。福岡市内からでも1時間30分程度で行けます。

近すぎず遠すぎず、ドライブに丁度良い距離ですね☆彡

 

キャンプ場までは、1本道なので、迷うことなく到着することができました☆彡

ただ、その道のりは”グネグネ”とした山道なので、車に酔いやすい人は注意です!

 

で、この脊振山キャンプ場は、自衛隊の「脊振山分屯基地」の真横にあります。

 

ナビに従って突き当りまで進んだら、看板の”駐車場”の方へ進みます。

脊振山キャンプ場への道

 

脊振山キャンプ場の設備紹介

脊振山キャンプ場の全体図はこんな感じ↓↓

脊振山キャンプ場 全体図

では、詳しく紹介していきますね☆彡

駐車場

脊振山キャンプ場 駐車場

脊振山キャンプ場 駐車場

車30台程度が駐車できる広さがあります。

キャンプ以外に登山やバイクツーリング・観光など、割とたくさんの人がいました。

日曜の昼間に行ったのですが、ほぼ満車状態!

 

車やバイクの他に、自転車も数台見かけました。

 

キャンプ場入口

脊振山キャンプ場は、駐車場横にある下り坂からテントサイトに車の乗り入れが可能です。

※12月~3月の間は、道路が凍結する恐れがあり、事故防止のためキャンプ場内への車の乗り入れは禁止

脊振山キャンプ場 キャンプ場入口

脊振山キャンプ場 キャンプ場入口

しかし、キャンプ場入口にはポールが立ててあり、狭くなってます。

2本が立っている角度が絶妙で、ハンドルを切りながらじゃないと入っていけない嫌な感じ。Σ(゚д゚lll)ガーン

 

このポールを取り外し(収納)できないのかな~と思い、しばらくポールと格闘しましたが無理でした……。

 

道幅は、バイク・軽自動車は余裕。普通車はギリギリ通れるって感じ。

ちなみに、”ランドクルーザー”・”ノア”・”ハイエース”をキャンプ場内に乗り入れてる強者を目撃しました。

 

通り抜けに不安がある人は、駐車場に車を停めて荷物を運びましょう。

 

荷物を運ぶ時にはキャリーワゴンがあるとかなり便利です。

おすすめのキャリーワゴンはコチラ⇒早く買っときゃよかった…。DOD【キャリーワゴン】のレビューします

 

車が通る下り坂の他に、階段でもキャンプ場に行くことができます。

脊振山キャンプ場 キャンプ場入口周辺

子供と一緒だと、階段の方が車も来ないし、滑りにくいので安全です。

 

トイレ

トイレは駐車場内にあります。

脊振山キャンプ場 トイレ

脊振山キャンプ場 トイレ

和式の水洗トイレがあります。

しかし、お世辞にもきれいとは言えませんΣ(゚д゚lll)ガーン

ニオイとハエが……。

まぁ、ないよりはマシだけど、『できるだけ使いたくないなぁ~』って感じでした……。

※トイレ内の写真も撮りましたが、汚かったので載せるのをやめました。

 

注意
  • 12月~3月の間は、冬季の凍結による機器の破損防止のためトイレは閉鎖
  • その代わりに仮設トイレ(大小兼用1基、小専用1基)が設置される。
  • 仮設トイレは水が流れず、手洗い用の水もない。

 

小屋

キャンプ場内には小屋(あずまや)があります。

脊振山キャンプ場 小屋

脊振山キャンプ場 小屋

割と広くて、10人ぐらいはのんびりできると思います。

小屋(あずまや)は、イスだけでテーブルはないので、ご飯を食べるっていうか、ちょっとした休憩用って感じです。

登山者の人たちがお茶休憩してました☆彡

 

脊振山キャンプ場の気になるところ・注意点

脊振山キャンプ場の周辺には、食材や飲み物を買えるお店はないので、事前に調達しておきましょう!

※1番近い”コンビニ”や”スーパー”は後ほど紹介しています。

 

脊振山キャンプ場には”水道”もありません。お水は各自で用意して持って行きましょう。

 

あーでも、駐車場に”自動販売機”が設置してあるので、お茶やジュースは揃います。

脊振山キャンプ場 自動販売機

ちなみに、山の山頂付近にある自動販売機は「山価格(割高)」になっていることが多いんですが、このキャンプ場の自動販売機は普通の値段で買うことができます☆彡

 

子供に危険なところ

脊振山キャンプ場 子供に危険な場所

テントサイトの奥の方にちょっとした丘があります。

脊振山キャンプ場 子供に危険な場所

 

そこには”背振龍神龍ヶ池”という池があります。

脊振山キャンプ場 池

一応、鎖がかけてあるんですが、劣化してボロボロ・・・。子供でも簡単に入ることができます。

 

”背振龍神龍ヶ池”と立派な名前が付いているんで、神聖な池なのかもしれませんが、池自体は濁った緑色で”ドロッ”としたヘドロ状。

そこまで深さはない感じでしたが、小さな子供は溺れる危険もあるので、子連れで行った際には近づかないようにしておきましょう!

 

脊振山キャンプ場のテントサイト

脊振山キャンプ場 テントサイト

脊振山キャンプ場 テントサイト

テントサイトは全体的に平らで、キャンプしやすい感じです。

4人用のテント「7~8張り」できる広さがあります。

 

”ソロキャンプ”と”カップルキャンプ”の人たちばかり。

ファミリーで利用しているのは我が家だけでした(/・ω・)/

 

脊振山キャンプ場 小屋周辺の地面

地面は、砂利交じりの芝生なので、硬め。

決して”フカフカ”はしてません。キャンプする時には、しっかりマットを準備しましょう。

 

日が暮れたあとは、自衛隊基地のライトが点灯してました。

野球場のナイターで使うようなめっちゃ明るいライトだったので、夜中でもキャンプ場が真っ暗になるってことはなさそうでした。

脊振山キャンプ場 ライト

脊振山キャンプ場の周辺にある施設

脊振山キャンプ場は標高「989m」の山の山頂付近にあるキャンプ場なので周辺にお店はありません(笑)

脊振山キャンプ場から1番近くにある”コンビニ”

セブン-イレブン 佐賀三瀬店

1番近いコンビニでもキャンプ場から車で30分程度かかります。

駐車場がかなり広く、利用しやすくなってます。

 

脊振山キャンプ場から1番近くにある”スーパー”

野菜直売所マッちゃん

住所 佐賀県佐賀市三瀬村杠246-1
電話 0952-56-2705
営業時間 8:00~18:00 (10月~3月)
8:00~18:30 (4月~9月)
定休日 1月1日
駐車場 100台

キャンプ場から車で30分程度のところにあります。

スーパーというより道の駅に近い感じですね。

地元の採れたての野菜やお弁当を買うことができ、軽食も楽しめます。

 

脊振山キャンプ場から1番近くにある”温泉”

三瀬温泉 やまびこの湯

 

キャンプ場から車で30分程度のところにあります。

天然温泉100%で、神経痛や筋肉痛や病後の回復・健康増進に効果的☆彡

 

大浴場は”招福の湯”と”長寿の湯”の2種類があり、週替わりで男女が入れ替わります。

露天風呂やサウナもあるので、疲れた体をしっかりと癒すことができます☆彡

 

大浴場のほかに家族風呂も5部屋あるので、小さな子供がいる家族でも安心して利用できます。

住所 〒842-0302 佐賀県佐賀市三瀬村藤原3929−2
電話 0952-56-2223
営業時間 10:00~21:00 (最終受付20:30)
定休日 毎月第二水曜日(祝日の場合は翌日)
入館料 大人(中学生以上)550円
子供(4歳以上)300円

【家族風呂】

受付時間 10:00~17:00 ※満室になり次第受付終了
料金 入館料+1,500円(1時間)

例)大人2人、子供1人(4歳以上)で家族風呂を利用した場合

「入館料」1,100円(550円×2)+300円+「家族風呂利用料」1,500円=2,900円

 

家族風呂に入った後に、大浴場に入ることもできます。

 

脊振山キャンプ場でのキャンプ内容

今回は宿泊ではなく、デイキャンプ(日帰り)で利用しました。

昼前に脊振山キャンプ場に到着し、とりあえずのんびり休憩☆彡

 

デイキャンプだと、テントを張ったり、寝床を作ったりといった準備がないのでかなり楽(/・ω・)/

 

30分ぐらい休憩し『じゃあ、ぼちぼちごはんの準備しよっかね』っとまずは薪拾い。

脊振山キャンプ場 薪探し

ちなみに今回の昼ごはんは「ピザ」です。

家族3人で、キャンプ場の周りを10分ぐらいウロウロしたらちょうどいい量の薪をGETできました。。

 

薪拾いの途中で”木イチゴ”を発見!

迷わずパクリと口に入れる息子(笑)

『すっぱくっておいし~☆彡』

森の中には”食べれる野草”や”果物”など、思わぬ収穫があるので、「野草図鑑」があると、薪拾いがさらに楽しくなります。

スマホ用のアプリの”PictureThis”も植物の写真を撮るだけで、その植物の情報を教えてくれるからお気に入り☆彡

 

で、息子と一緒に火をつけました。

脊振山キャンプ場 火を付ける

 

『これは、ぼくがしちゃろう』と長い薪は膝を使って”ポキッ”と折ってました

 

脊振山キャンプ場 薪割り

どんどん息子がたくましくなってる☆彡

 

これまでに何回も火を付けたことがあるので、慣れた手つきで”パパッ”と準備完了。

脊振山キャンプ場 火を付ける

誰でも簡単にできる火の付け方は⇒これであなたも焚火名人!元焼き鳥屋が教える”超簡単”な火の付け方

 

ピザのトッピングとして、焚火で簡単に作れる”焼き卵”も作ってみました。

 

 

結果、なぜか失敗……。Σ(゚д゚lll)ガーン

脊振山キャンプ場 焼き卵

卵4つ中3つは爆発……。

爆発した3つの卵は、トッピングじゃなく、マヨネーズを付けてそのまま食べました☆彡

 

簡単に作れる”焚火料理”まとめはコチラ⇒ファミリーキャンプで子供と作れる”焚火を使った料理”を紹介します

 

 

炭にしっかりと火が付くまでの間に、ピザ生地を作りました。

材料をジップロックの中に入れて、手でこねる。

脊振山キャンプ場 ピザづくり

んで、生地がまとまったら温かい場所で15分程度発酵させます。

 

今回は息子のお腹に巻き付けて生地を発酵させました☆彡

 

『ぼくのあかちゃん』

と、ピザ生地をなでなで(笑)

脊振山キャンプ場 ピザづくり

 

発酵を待ってる間に紙飛行機を飛ばしたりして遊びました。

 

15分経過し、息子と一緒にピザを仕上げようと思ったんですが、料理よりも木登りがしたいんだとか(笑)

木で遊ぶ

 

『近くで遊んどいてよ』

と目の届くところで遊ぶよう息子に言い、大人2人でピザづくり。

 

自宅であらかじめ作っておいた手作りの”ピザ釜”で焼いてみました。

脊振山キャンプ場 ピザづくり

自作したピザ釜についてはコチラ⇒もっとキャンプが楽しくなる!子供と一緒に”ピザ釜”を自作してみた

 

どれがうまくいくか分からなかったので、段ボールやメスティンなど、いくつか焼き方を実験!

脊振山キャンプ場 ピザを焼く

脊振山キャンプ場 ピザを焼く

 

上手く焼けるかどうか不安でしたが、どれも大成功!

脊振山キャンプ場 ピザづくり

『おおおおお、うまく焼けとるやんか☆彡』

『いい感じじゃない?』

『成功した!うまそーーー!』

と、思わす家族全員で大はしゃぎ☆彡

 

息子も気に入ったらしく、バクバクと夢中で食べてました。

脊振山キャンプ場 ピザ

『また作ってね』

『うん、わかった!』

と息子と約束しました。

 

食事の後に、脊振山の山頂まで登りました。

脊振山キャンプ場 山頂へ

まだまだ息子は元気いっぱい!わざと変な恰好で登ってました(笑)

 

キャンプ場から山頂までは、歩いて10分ぐらいで行けました。

山頂には”脊振神社”があり、自然と軍事施設のミスマッチな感じを楽しめます。

脊振山キャンプ場 山頂からの景色

 

んで、脊振山の山頂にある”でっかいメロン”みたいなのが気になったので調べてみると「軍事用のレーダーサイト」ってことでした。

脊振山キャンプ場 レーダー

なんでも、第二次世界大戦後に、日本に進駐した米軍が、朝鮮半島に面する脊振山の好立地を生かし、レーダーと通信設備を設置したのがはじまりなんだとか。

 

まとめ

脊振山キャンプ場 テントサイト

はい、というわけで今回は佐賀県神埼市にある”脊振山キャンプ場”をレビューしました。

 

とにかく、予約不要で料金無料のキャンプ場なので

『行きたい!』と思い立った時にすぐに行くことができます。

 

計画性がないうちのような家族にはピッタリ☆彡

 

しかし、設備は充実していません!

 

水道がなく、トイレが難ありなので、女性の方やファミリーキャンプには向いてません。

妻もトイレを嫌がってました。

 

キャンプ場じゃなく「野営場」って感じなので、ソロキャンパー向きだと思います。

 

ファミリーで利用するにはデイキャンプ(日帰り)がおすすめです!

持って行く荷物も少なくて済むし、のーんびりできましたよ☆彡

 

 

他のキャンプ場についても詳しく紹介してます。

⇒キャンプ場レビュー一覧

我が家のキャンプ道具が知りたいって場合はこちら

⇒キャンプ道具レビュー一覧

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マーボ家のファミリーキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.