【営業中】糸島の穴場キャンプ場「瑞梅寺山の家」はファミリー向き!

アバター
WRITER
 
晩御飯2
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

どうも、ファミリーキャンプ好きな”マーボ”です。

 

コロナだ!自粛だ!ソーシャルディスタンスだ!……と、全然キャンプに行けなかったんですが、この間、久しぶりにファミリーキャンプ行ってきました!

場所は、2回目の利用になる「瑞梅寺(ずいばいじ)山の家」です。

 

「どこに行こうかなぁ~?」

と悩んだんですが結局、近場(笑)

今年は、コロナ禍の影響もあって、やってないキャンプ場も多いみたいですが、「瑞梅寺山の家」は元気に営業してました。

 

久しぶりのキャンプだったんで、めっちゃ楽しかった!

ここは”穴場のキャンプ場”で人が少ない!キャンプを我慢してる人に、おすすめしたい!

 

 

ってことで、早速レビューしていきますね~ ※料金が2020年の4月から変更になってました!

 

糸島のキャンプ場「瑞梅寺 山の家」ってどんなところ?

【キャンプ場の全体図】

瑞梅寺 全体図

【住所】 〒819-1581 福岡県糸島市瑞梅寺658
【電話】 092-322-7397
【予約】 必要(空きがあれば当日でも可)
【受付時間】 9:00~17:00
【営業期間】 通年
【休館日】 毎週月曜日(月曜が祝日の場合は火曜)

※7月21日~8月31日までは休みなし

【マップ】

”瑞梅寺ダム”のさらに上にあり、標高は259m。

そういえば、瑞梅寺ダムで釣りしてる人を何人か見かけたんで、何が釣れるのか調べてみたら、ブラックバスが釣れるらしい。

バス釣りの穴場らしいですよ☆彡

 

瑞梅寺山の家は、井原山とか雷山に近いから、登山する人も多くキャンプしてます。

瑞梅寺山の家でキャンプして、朝早くから登山って感じ。

 

で、瑞梅寺山の家の周辺には、食材や飲み物を売ってるお店はありません。

 

1番近いところでも車で10分以上かかります。

なので、買い物を済ませてから行くのがおすすめです。(今回は、チェックインの時間ギリギリで、後から買い物にいって、結果、後悔しました……。)

 

ちなみに、近くにあるお店はこんな感じ↓↓

セブン-イレブン 前原三坂店(車で12分)

セブンイレブン

住所 〒819-1146 福岡県糸島市三坂398−10
電話 092-324-1144

 

伊都菜彩(車で15分)

伊都菜彩

住所 〒819-1104 福岡県糸島市波多江567
電話 092-324-3131
営業時間 9:00~18:00
定休日 なし

 

糸島のキャンプ場「瑞梅寺 山の家」に到着

キャンプ場までの道は、グネグネの山道。穴場のキャンプ場ってだけあって、車とは全くすれ違わない(笑)

前回はなかった、大きな看板も出ていたから、分かりやすい! ※肝心の看板の写真を撮り損ねた……。

ってことで、力技(合成)で作ってみました↓↓

1本道だから、迷うことなく到着。

受け付場の案内看板が、糸島のキャラクター”いとゴン”に変わってました。

いとゴンの看板

チェックインは17:00で、ぎりぎり間に合いました!

 

で、受付を”サクッ”と済ませます。

瑞梅寺 全体図

瑞梅寺山の家

受け付け時に、家族全員の”検温”がありました。

コロナの影響ですね。ちなみに、体温が37度以上の人は利用できないみたいです。

 

瑞梅寺山の家は、標高259mのところにあるから、真夏でもひんやりしています。

直射日光を避けると、かなり過ごしやすい!

 

それから、アブが多い!!

~ブーン。ブーンブーン。ブーン。~

って、窓から車内に入ってくる!

『クソー!出ていけー!』

と、家族全員で車内のアブと格闘しながら、キャンプ場に移動しました。

 

瑞梅寺 キャンプ場入口へ

 

キャンプ場への入口は、受け付けがある所の少し奥になります。「山の家 広場」の手作り看板が目印↓↓

手作りの案内看板

 

ちなみに、キャンプ場利用者は5組。

天気のいい土曜日で、5組はかなり少ない。さずが穴場のキャンプ場。

テントサイト全体図

人が少ないキャンプ場は、子連れのファミリーにピッタリ!

子供が遊びやすいし、多少大きな声を出しても平気。もちろん”密”も避けられます。

キャンプ場での基本的なマナーについては⇒初心者必見!キャンプ場でのマナーとは?意外と知らない本当のところ

 

うちの息子は、アニメのワンピースが好きなんで、”ルフィ”になりきって海賊ごっこして遊んでました。

『うおぉぉぉぉ!バシッ!』

『かかってこーい!バーン!』

と、効果音まで自分でつけて、本気でなりきってます(笑)

息子 ルフィなりきり

 

糸島のキャンプ場「瑞梅寺 山の家」の設備紹介

シャワー室やレクレーション室もある

普通にキャンプする人には、あんまり関係ないんですが、受付をした建物には”大研修室”や”レクレーション室”・”調理場”があります。団体の研修とかで使う感じ。

 

なんでも、近くの小学校の1泊研修とか、大学生や留学生の国際交流の場として利用されてるらしい。

 

で、建物内には”シャワー室”もあり、これは一般のキャンプ場利用者でも、使えます。

ただし条件があって

その条件ってのが、団体客がこの建物を利用している。ってこと(笑)

 

シャワー室の張り紙

ちなみにこの日は、団体客の利用はなく、シャワー室の使用は不可でした。

 

瑞梅寺山の家「テントサイト」

瑞梅寺 全体図

 

テントサイトは、全体が芝生でフカフカ↓↓

キャンプ場全体図

 

 

ちなみに、前回は高台にある”ウッドチップ”が敷き詰めてある場所を利用したんですが、今回は芝生をチョイスしました。

 

ここだけの話、細かいウッドチップはフカフカでいい感じなんですが、大き目のウッドチップは、デコボコが気になる……。

石みたいで、素足で踏んだら痛いんですよね。↓↓

ウッドチップ

瑞梅寺 全体図

ウッドチップのサイトを使う場合は、厚めのインナーマットをテント内に敷いた方がいいでしょうね。

それから、ウッドチップには、虫よけの効果もあるんで、夏場のキャンプで”蚊”が気になる場合にはおすすめです☆彡

 

キャンプ場入口から車で入って、芝生のところは、車を横付けできます。

つまり、荷物をおろすのが楽ちんです。

しかし、高台にあるウッドチップのところは車の乗り入れが禁止なので、荷物を運ぶ時にはキャリーワゴンがあると便利ですよ。

おすすめのキャリーワゴンについては⇒早く買っときゃよかった…。DOD【キャリーワゴン】のレビューします

 

水道・カマド・灰捨て場

瑞梅寺山の家には、かなり広い”水道”・”カマド”が完備してあります。

瑞梅寺 全体図

 

カマドは「5台」あったかな?共同で使えテーブルも広くて、使い勝手が良さそう。↓↓

で、水道もたくさんあって、しっかり水が出ます。

金タワシやスポンンジなんかも置いてありましたよ。

 

かなりきれいに掃除してあって、気持ち良く使えます!

この場所には、電源のスイッチがついていて、夜でも明かりが付きます。

 

鏡付きの水道もあるから、顔を洗う時にピッタリ!↓↓

鏡付きの水道

 

すぐ隣にある”灰捨て場”も、汚すのが申し訳なくなるくらい、きれいに掃除してあります!↓↓

灰捨て場

キャンプやBBQ後の簡単な灰の処理方法が知りたいって人は⇒【簡単おすすめ】元焼き鳥屋がBBQ後の『炭の処理方法』を伝授します。

 

トイレ

瑞梅寺 全体図

トイレは、汲み取り式ですが、ニオイは全くなく!水もシッカリ流れます!

しかも便座が「暖房便座」↓↓

 

冷たい便座は座った時にビックリするから、「暖房便座」だとありがたいですね。

 

もちろん掃除もきれいにしてあるし、電気も24時間つきます。↓↓

夜でも明るいんで、息子も怖がることなく、使えました☆彡

 

まぁ、電気が付いていて、明るいんで、”蛾”や”カナブン”などの昆虫も集まってました。

 

息子は、キャンプを始めてから、トイレに虫がいても全く驚かなくなりました。

逆に『僕が捕っちゃろう』と何でも捕まえようとして困ってます……(笑)

 

瑞梅寺山の家にはバンガローもある

瑞梅寺 全体図

トイレの奥に階段があって、その先にバンガローが4つあります。↓↓

なかは覗けませんでした(笑)

 

バンガローは坂の上にあって、周りの道も急な感じなので、夜は危険だと思います。

 

年配の人とか、小さな子連れのファミリーキャンプには、バンガローは向いてないですね。

バンガローへの道

ある程度大きな子供(小学生以上)がいるファミリー向けかな?

 

そうそう。バンガローの周辺には、薪になりそうな木がたくさん落ちてるんで、わざわざ薪を持って来なくても大丈夫でしたよ。

今回のキャンプで使った薪は、この場所で集めました。

10分ぐらいで、かなりの量をゲットできました☆彡

 

子供用の遊具

瑞梅寺 全体図

 

ウッドチップの高台には、子供用の”すべり台”があります。

滑り台

この、すべり台なんですが、設計ミスやろ?ってぐらいスピードが出ます!

『日本一はやいかも……』

上から見るとこんな感じ、かなり急な造り↓↓

すべり台

息子1人で滑ったんですが、スピードが出過ぎて着地の時に宙を舞いました。

30cmぐらい飛んで、お尻から”ドスン”!

で、大泣き。

ケガはしなかったですが、小さな子供を、1人で滑らすには危険です!

とくに、朝露や雨ですべり台が湿っている時は注意が必要です!

 

テントを設営し、晩御飯の準備

ランタン

チェックインの時間ギリギリだったので、買い物をする暇がなかったので、2手に分かれて行動することにしました。

妻と息子は買い物、自分はテント設営。

 

がしかし!蚊・蚊・蚊・蚊・蚊!!蚊が多い!

自分は半袖、短パンだったので、蚊に狙われまくり!……さらに”アブ”まで飛んできて、もう大変。

 

『どっかに虫よけがあったよな?』

と思ったんですが、虫よけグッズは車の中……。

『早く買い物から帰って来てくれー!』

と、なんとか蚊とアブと格闘しつつ、テント設営は完了。

 

まじで”50か所”は刺されましたΣ(゚д゚lll)ガーン

 

妻と息子が買い物から帰ってきた時には、すでに薄暗くなってました(笑)

まずは、虫刺されの薬を全身に塗り、蚊取り線香に火をつけ、虫除け対策を万全に整えます。

 

で、真っ暗になる前に、”サクッ”とバンガロー周辺で薪を集めて。晩御飯の準備をしました。

テント 雰囲気

今回は、ちょっと”いい肉”を豪快に焼いて食べました。

最・高。

肉

息子はなにやらソワソワ。

 

自分:『どうしたと~?』

息子:『あれ早く焼こうよー!焼いてもいい?』

 

どうやら、買い物の時に、火であぶって作る”ポップコーン”を買ったらしく、早くやりたいとのこと。

 

自分:『いいよ。やろうや』

 

息子と二人で、フライパンの形の容器に入ったポップコーンを、焚火台にのせて加熱しました。

 

自分:『どうなると思う?』

息子:『わからん。でも楽しみ、早く食べたい☆彡』

 

で、しばらくすると、バターのいい香りが(*´▽`*)

と思った、次の瞬間に、”ポンっ!ポンポンポン!”

 

自分・息子『!!!!!!!』

 

はじめてポップコーンができるところを見た息子は

息子:「すごかったね!早く食べたい!!」

と、かなり喜んでいました。

 

ポップコーン

キャンプでのポップコーン作りは美味しいし、楽しいからファミリーキャンプにおすすめです☆彡

 

あーそうそう、キャンプ場入口には、”門(ゲート)”がついてるんですが、暗くなったら近くにいるキャンパーが閉めるのがルールです。

瑞梅寺 全体図

 

この辺はイノシシが出るらしいので、しっかり門は閉じておきましょう。↓↓

入口のゲート

ファミリーキャンプでの夜の楽しみ方

今回はテントの中で”アウトドアシアター”しました!

アウトドアシアター

コンパクトで、充電式のプロジェクターは、キャンプにピッタリ!

最近のプロジェクターは、接続や設定がめっちゃ簡単。

 

まあ、音はイマイチなので、別にスピーカーを用意しました⇒【使用歴7年】BOSEサウンドリンクミニは未だに現役!レビューするよ 

 

とはいえ、他にもキャンプしている人がいるので、大きな音は出せませんが、かなり大満足できます。

 

ちなみに、外から見た光の漏れ具合はこんな感じ。↓↓

外に漏れる光

キャンプ場でプロジェクターを使った時の、光の漏れは全く気になりません。

光よりも、音量に注意が必要です。

外にどのぐらいの音が聞こえているのかを実際に確認しましょう。

 

息子は、さっき作ったポップコーンを食べながら、真剣に映画鑑賞。

映画鑑賞 息子

『あ~面白かった~。また見たい!』と

アウトドアシアターにハマったみたいでした(笑)

 

今回使用したプロジェクターについては、コチラで解説してます⇒キャンプでasusのプロジェクターs2で映画見てきた!レビューするよ

 

最後に「瑞梅寺山の家」の利用方法と料金について説明しておきますね

 

糸島のキャンプ場「瑞梅寺 山の家」の利用方法

利用には予約が必要です。予約の方法はシンプルで、電話のみ。

092-322-7397に電話して

 

  • キャンプする日にち
  • 人数
  • 名前

 

を伝えるだけ。

当日でも予約が可能なので、「キャンプに行きたい!」と思ったら、まずは電話。

 

予約受け付けの時間は”9:00~17:00”となってます。

 

糸島のキャンプ場「瑞梅寺 山の家」の料金について

スタイル 人数 単価 料金
バンガロー 1棟5人 1棟 半日 1,500円
全日 3,000円
宿泊 3,000円
テントサイト 6人用テント 1張り 半日 1,000円
全日 2,000円
宿泊 2,000円

※半日(9:00~12:00/13:00~17:00)

※全日(9:00~17:00)

※宿泊(17:00~翌朝9:00)

 

うちの場合は、テントサイト利用(宿泊)で、チェックアウトの時間を12:00まで(半日)にしたんで

宿泊(2,000円)+半日(1,000円)=3,000円でした。

 

ん?3,000円?

あれ?前回は確か”1,500円”だったような?

 

受付で確認したところ、どうやら2020年4月に値上がりしたらしい……。

 

テントサイト利用料は、なんと”倍の値段”になってます!

 

穴場キャンプ場だけど、1泊で3,000円は高い……。

 

朝の9時にチェックアウトするようにうすれば、2,000円で利用できます。

なので、瑞梅寺山の家を利用する時には、少し早起きして、9時チェックアウトするのが良いでしょうね。

 

ちなみに、レンタル品の料金は変化なしでした。

貸出テント(8人用) 5組有 1組 1,000円
寝袋 10組有 1組/1日 500円
バーベキューセット 1セット 500円
1束 400円
木炭 2kg 400円
ピザ釜 ※10人以上で使用可能 要予約 1人1,500円(材料込み) 窯のみの使用は相談可

 

まとめ

晩御飯2

瑞梅寺山の家は、穴場で人が少なく、元気に営業している、お気に入りのキャンプ場です。

全体的に、とてもきれいに管理されているので、ファミリーキャンプにかなりおすすめ☆彡

 

注意する点としては、蚊とかアブが多いです!夏の時期は虫除け対策を万全にしておきましょう。

日本一のスピードがでるすべり台も、小さな子供は1人で滑らせないようにしましょうね。

 

それから、料金が倍になっていたのには驚きました…。

料金は、人数ではなく、テント1張りにかかってくるので、ソロキャンプなど人数が少ない場合は”割高”だと思います。

1人でも最低”2,000円”かかります。

 

  • 人が少ないキャンプ場を探してる
  • キャンプに行きたくてうずうずしてる
  • ファミリーキャンプをメインに楽しんでる

っていう人におすすめです!

瑞梅寺山の家が気になった人は、ぜひ1度行ってみてくださいね~☆彡

 

他のキャンプ場についても詳しく紹介してます。

⇒キャンプ場レビュー一覧

我が家のキャンプ道具が知りたいって場合はこちら

⇒道具レビュー一覧

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マーボ家のファミリーキャンプブログ , 2020 All Rights Reserved.